ブログ 未分類

【思い出の地、首里城】火災原因は電気系統か・再建は?【復興を願う】

こんにちは、トサキン (@tosakin03)です!

 

皆さんは首里城をご存知でしょうか。

はい。衝撃的な報道もあったあの沖縄県の首里城です。

 

本記事は僕の首里城への思い出をブログで残しておこうと思い執筆することに決めました。

復興の願いも込めているので、より多くの方に見てもらえたら嬉しいです。

 

僕は広島県に在住ですが、過去に2回沖縄に訪れたことがあり

首里城の観光もしました。

 

当時の僕はまだ幼く、首里城を見た時は本当に日本か?って感じで独特ぶりにびっくりしたのを今でも覚えています。

観光した際に撮った写真を確認してみましたが、記事に使えそうな写真は数枚程度でした。(泣)

 

 

今回は、首里城に何が起きたのか、

首里城はどういうものだったのかを簡単に紹介します!

 

これまでの首里城と、これから復興していく(たぶん…というより復旧を願う)首里城の両方を記憶に残しておきたいですね!

 

首里城に何が起きたのか

10月31日未明 沖縄県の歴史的な建造物、首里城が火災により甚大な被害を受けました。

首里城は世界遺産にも登録されており、観光客もとても多い遺産です。

 

城内の建物に次々と火が移ってしまい

約11時間にわたって燃え続け、「正殿」など城の主要な建物が全焼。

首里城内では絵画や漆器など1500点余りの文化財が保管されていたようですが、

全焼した正殿に展示されていたものなど少なくとも420点余りは焼失したとみられています。

 

全焼した「南殿」と「寄満」という建物にそれぞれある耐火性の高い収蔵庫には、

残る1000点余りが保管されていていました。

 

城を管理する沖縄美ら島財団が1000点余りの文化財はすべて焼失せずに残っていたことを明らかに。

沖縄美ら島財団は今後、専門家とともに文化財の状態などを確認することに・・・

 

 

とのことで、沖縄の有名な首里城が火災によって大きな被害を受けてしまいました。

 

首里城ってどんなところ?

そもそも首里城ってなんなのかご存知でしょうか?

 

知らないって方の為に簡単に説明します!

 

首里城は沖縄県の県庁所在地、那覇市に首里という地域にあります。

首里城が建てられた時期は、実はまだわかっていないとか。

 

沖縄の前身であった琉球王国時代、14世紀の終わりごろに建てられたものだと今のところ考えられているそうです。

→理由は沖縄は各地に「グスク(城)」と呼ばれるお城が沢山あり特に14世紀語は集中してグスクが建てられていたことから

 

 

実は首里城は建てられてから何度も何度も火事で焼失したり、戦いで破壊されたりした城です。

そのたびに再建され、ときには10年以上かかったこともあるとか。

 

現在僕たちが見ていた首里城も、太平洋戦争中に焼失・破壊されてしまったもので平成元年になってようやく再建されることになった過去があります。

再建されるまでの道のりは決して簡単なものではなかったそうです…。

 

 

そして今でこそ首里城は赤いというイメージが定着してしまっていますが、

首里城の再建の際に屋根瓦が赤か黒かというところで意見が別れていたようです。

 

2014年に沖縄戦当時のカラー映像が発見されて赤ではなかったことが判明しました。

結局、既に「首里城=赤」というイメージが大きく定着してしまっていたことから現在もそのまま。

 

 

他にも首里城には沢山の面白い話がありました。

 

  • 城なのにトイレがなかった
  • 国王の遺体を一時安置する場所があった
  • かつて首里城には琉球大学があった
  • 女性が取り仕切る「奥」

などなど

首里城については歴史も古く、沢山の興味深い部分があります。

 

首里城の復興を祈っています!

 

僕にとって首里城は沢山の思い出がある場所

本記事の冒頭部分でも少し触れたように、僕は首里城に観光しに行ったことがあります。

 

我が家は、家族でどこかに旅行するという機会が全くない家庭でした。

 

首里城へ観光しに行ったこと以外の旅行は5回も満たないと断言できます笑

 

首里城へ行ったのは、おそらく4歳〜5歳の頃です。

 

正直、記憶に残っているのは

赤くて独特な建物だな〜って感じぐらいです。

 

石造りの階段が沢山あったのを覚えていたので、小学生の頃に授業で万里の長城の写真を見た時は

首里城ではなく中国の万里の長城に行ったのだと勘違いしていたほどに笑

 

首里城に行った当時の記憶はその程度ですが、後に親からの話や記念写真を見て首里城に行ったのだと分かりました。

 

アルバムを探すと当時の写真をいくつか見つけることができました!

 

写真を見て、僕にもこんなに幼い頃があったのかと思うと

人生って面白いものだな〜とか謎の思考になりました。

トサキン
僕の顔については触れないでね(笑)

 

首里城は写真越しでも荘厳さを感じられるのではないでしょうか。

 

 

1度でも行ったことのある場所に何かあった時は、他人事として考えられないように

今回の首里城の火災は凄くショックというか心配というかそんな感じでした。

 

また首里城を見られる日が来ることを祈るばかりです。

 

また、首里城の赤瓦は「現在は再現不可能」という事も報道されていました。

 

赤瓦を作っていた職人が既に亡くなっており、厳しい状況のようです。

 

なお焼けてしまった瓦は再建に再利用できる可能性があるとして、

廃棄しないよう職人団体が県庁に要請したことから再建の際にもしかしたら利用されるかもしれません。

 

 

火災によって民家だけでなく、世界遺産に登録されているような貴重な遺産までも被災してしまうことを改めて実感しました。

 

今回の首里城の火災は、電気系統トラブルが疑われているようです。

とにかく早く原因を突き止めて再発防止を徹底していってほしいものです。

 

トサキン
もう1度首里城を見たい!

 

ここまで読んでくださった方はありがとうございます。

 

今後、首里城がどうなっていくのかを確認しつつ

陰ながら再建がスタートできるように応援しています!

 

皆さんも首里城の再建を一緒に応援していきましょう!

 

トサキン
それではまた次の記事で!

 

こちらの記事もオススメ
【広島から東京】1人旅してきた!旅の始まり・道中・人混みの東京

続きを見る

こちらの記事もオススメ
やる気・モチベ
維持できない人必読!やる気・モチベ あげる方法【自分でコントロール】

続きを見る

-ブログ, 未分類

Copyright © tosakinblog , All Rights Reserved.