ブログ関連

ブログにTwitterのタイムラインを埋め込む方法を画像付き解説!

こんにちは、トサキンです。

前回の記事見たけどTwitterのタイムラインを埋め込みたい
Aさん
そもそもTwitterのタイムラインを埋め込むってどういう事?
女性
トサキン
そんな方に今回はタイムラインを埋め込むとは何か
トサキン
Twitterのタイムラインをブログに埋め込む方法を紹介するよ!

 

という事で

今回はTwitterのタイムラインを埋め込むとはどういう事かTwitterのタイムラインを埋め込む方法を紹介していきます!

 

 

Twitterのタイムラインとは

ブログにTwitterのツイートを埋め込む方法&メリット・デメリット紹介

続きを見る

以前、こちらの記事で書いた内容はTwitterのツイートをそのまま埋め込むという内容でした。

 

つまり、こういう事です。

 

 

これに比べてTwitterのタイムラインを埋め込んだ場合はどうなるのかと言うと

このようにスクロールでき、Twitterで表示されるタイムラインを埋め込む事が出来るのです。

 

 

この2つの違いが理解できたでしょうか?

 

2つのそれぞれの埋め込みは、メリット・デメリットがほぼ一緒ですが

 

タイムラインを埋め込む場合は基本的に、ツイートを埋め込むより重いので

1記事に1つくらいでいいと思います。

 

僕の場合は、ブログのフッター部分(1番下)に埋め込むだけにしています。

 

Twitterのタイムラインを埋め込む方法

step
1
Twitterでツイートの右上の「>」みたいな所をクリック

step
2
「</>ツイートを埋め込む」をクリック

step
3
自分のTwitterのURLに変える

step
4
カスタマイズする

step
5
コードをコピーして貼り付け

 

1. Twitterでツイートの右上の「>」みたいな所をクリック

 

 

自分のツイートの何でもいいので、右上の「>」みたいな所をクリック

 

2. 「</>ツイートを埋め込む」をクリック

 

上から2番目の「</>ツイートを埋め込む」をクリック

 

3. 自分のTwitterのURLに変える

 

「</>ツイートを埋め込む」をクリックするとこのような画面が上の方にあります。

そこで、表示されているURLを自分のTwitterのURLに書き換えてクリック

 

4. カスタマイズする

 

①左側の Embedded Timeline をクリック

②青い文字のset customization optionsをクリック

③サイズを変更する

例)この記事に埋め込んだタイムラインの大きさは縦600、横400です。

④Updateをクリック

5. コードをコピーして貼り付け

 

Copy Codeをクリック

②ワードプレスをテキストモードにする

③先程コピーしたコードを貼り付ける

 

完成!

今の手順でTwitterのタイムラインを埋め込む事が出来ます!

完成はこんな感じ!

埋め込んだ後は、どのように表示されているか確認することをオススメします!

まとめ

今回は、ブログにTwitterのタイムラインを埋め込む方法を紹介しました!

 

Twitterを埋め込む時は、2つの使い方をそれぞれ考えてぜひ活用してください!

 

トサキン
また次の記事で!

 

ブログにTwitterのツイートを埋め込む方法&メリット・デメリット紹介

続きを見る

ブログ(WordPress)開始1週間目にやるべきこと・オススメ設定

続きを見る

Googleアドセンス
【Googleアドセンス】知識0の高校生が4記事で一発合格した方法

続きを見る

-ブログ関連

© 2020 トサキンブログ Powered by AFFINGER5